綾町について

綾町とは

自然と人が共生するユネスコエコパークのまち
日本最大級の照葉樹林を有する綾町は、半世紀にわたって森を守り、自然と人が共生する地域づくりを進めてきました。全国に先駆けて推進した有機農業や手づくり工芸の里づくり、花いっぱい運動、綾の照葉樹林プロジェクトなど官民あげての取り組みが世界的に高く評価され、2012年にはユネスコエコパーク(生物圏保存地域)に登録されました。
自然の恩恵を受けながら厳しい基準で栽培された安心・安全でおいしい野菜や果物、カヤ、ケヤキの天然木などの豊富な自然素材を使った手づくり工芸品、農業体験や森林セラピー・・・雄大な自然の中に人々の営みが息づいている綾町は、癒しや幸福感に満ちた魅力的なまちづくりを目指しています。

  • 町花/イワツツジ町花 / イワツツジ
  • 町旗町旗
  • 町章町章
  • 綾町役場への交通アクセス

    • ・鉄道利用JR南宮崎駅下車~(徒歩5分)~宮交シティバスターミナル~(バス60分)~綾待合所
    • ・航空機利用宮崎空港~(バス12分)~宮交シティバスターミナル~(バス60分)~綾待合所
    • ・自動車利用福岡IC~高原IC経由~(約4時間)、熊本IC~高原IC経由~(約2時間半)
      鹿児島IC~高原IC経由~(約2時間)、宮崎西IC~国道10号線経由~(20分)
      高原IC~国道268号線経由~(50分)、宮崎市役所~県道17号線経由(35分)
      宮崎港~(50分)、都城市~国道10号線経由~(55分)、大分市~(約4時間30分)
      延岡市~(約2時間30分)

    でお越しいただけます。

綾町の見どころ

  • 綾町は、平成22年3月27日に森林セラピー基地としてグランドオープンしました。綾町の持つ照葉樹林内だけのセラピーにとどまらず、医・衣・食・住・職などの分野において、伝統医療・伝統食・伝統工芸・伝統芸能など生活全般に関わる照葉樹文化の暮らしの掘り起こしを同時に行うことによって、綾の自然と人のすべてを活用した“自然と暮らし、そして癒しと健康を一体としてとらえる綾びと”を実践するまちづくりを目指しています。綾町の照葉樹林は、宮崎県の中央部に位置する綾川流域に残された、日本最大級の原生的な照葉樹林。1982年(昭和57年)に九州中央山地国定公園に指定され、この公園内の綾川渓谷に世界一の規模の歩道吊橋を架橋しました。

  • 昭和57年5月に九州山地国定公園に指定され、その2年後に架橋した綾の照葉大吊橋は、観光のためのモニュメントだけではなく、照葉樹林文化の源である照葉樹の森を全国の人々に普段見られない視点から見ていただき、自然の恵み、自然生態系のすばらしさを感じてもらい、自然 の大切さを認識して頂くために架橋されました。吊橋を渡りきると、山の斜面に沿った自然遊歩道が約2kmに渡り続いています。五感をいっぱい使って樹木の香り、様々な音、暖かさ、彩りを楽しんでください。

  • 昔から競走馬・農耕馬の育成が盛んであった綾町には、宮崎有数の乗馬クラブ「綾馬事公苑」があります。馬事公苑では、引馬体験や乗馬体験など誰でも気軽に人馬一体となる楽しさを味わうことができます。また、施設には、全天候型の屋内馬場やクラブハウスも完備しています。他にも3月の下旬~4月の上旬にかけて苑内では、約1,300本の桜(ソメイヨシノ)が咲き誇り、さまざまな花々が彩る直径28mの花時計や競馬場内を覆い尽くすほどの菜の花が心を癒してくれます。